【メンズ着こなし】ストリートファッションのサイズ感やカラーとは?

【メンズ着こなし】ストリートファッションのサイズ感やカラーとはアイキャッチ画像 ストリートファッション初心者講座

メンズ服の着こなしで、ストリートファッションのサイズ感やカラーなどをどうしたら良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

メンズファッションの着こなしには、ポイントがありますのでご紹介していきます。

メンズファッションの着こなしとは?


メンズのストリート系ファッションの着こなしには、いくつかの気をつけたい箇所があります。服の丈や、大きさ、色などです。

初心者の頃は、メンズ服の何をどのように着たら良いのかもわからないと思います。着こなしを含め、ファッションはとにかく様々な種類やパターンの服を試着したり買ってみたりして「実際に失敗してみる」ということが大切です。

ただ、闇雲にメンズ服を購入すると莫大な予算がかかりますので、服を選ぶ際のポイントを知っておくと便利だと思います。

また、「お洒落だと思う人のストリートファッションを真似る」ということも大切です。これは他の趣味などとも同じで、既に上手くいっている人を真似ると自分自身も早く上手くいくようになります。

街やアパレルショップで、行き交う人をよく見て「このファッションはいいなあ」と思う人を観察してみてください。そして、そのファッションによく似た服をショップで探してみましょう。

注意点としては、行き交う人を見過ぎると失礼になってしまうので、さりげなく観察するようにしてみてください!

それでは、ここからは具体的なメンズ服の着こなしポイントをご案内していきます。

メンズ着こなし①サイズ感を気にしてみる

メンズ服の着こなしで、まず気をつけてみるポイントは「サイズ感」です。

ファッション初心者の方ですと、メンズ服の変わったデザインなどにまず目がいってしまうのですが、「全体のサイズ感」はファッションに大きな影響を与えています。

ストリートファッションのサイズ感には、大きく分けて以下の4つのパターンが考えられます。「トップス」×「パンツ」の組み合わせです。

オーバーサイズ×オーバーサイズ
オーバーサイズ×スリムサイズ
スリムサイズ×オーバーサイズ
スリムサイズ×スリムサイズ

では、この4つのパターンを1つずつ細かく見ていきます。

①オーバーサイズ×オーバーサイズ

メンズの着こなしで、サイズ感のパターンの1つ目はトップスがオーバーサイズ、パンツもオーバーサイズの組み合わせです。

2020年現在、上下をオーバーサイズにするストリートファッションが流行しているのでオススメです。

【メンズ着こなし】ストリートファッションのサイズ感やカラーとは画像4

流行に合わせたサイズ感にしておくと、服装に失敗する確率が下がるのがメリットです。逆にデメリットとしては、個性が埋もれてしまいやすい点があります。

また、オーバーサイズ×オーバーサイズの着こなしは、初心者の方には少し難しい場合もあるので好みによって取り入れてみましょう。

②オーバーサイズ×スリムサイズ

メンズの着こなしで、サイズ感のパターンの2つ目はトップスがオーバーサイズ、パンツがスリムサイズの組み合わせです。

こちらの組み合わせは、初心者の方でも比較的取り入れやすいパターンです。

【メンズ着こなし】ストリートファッションのサイズ感やカラーとは画像5

トップスが大きめのサイズで余裕のある状態になり、パンツが細めのサイズなので全体を引き締めることになります。

例えば、トップスに柄や目立つイラストなどの服を着用したときに、黒色の細めのシンプルなパンツを合わせることで全体のバランスをとることができます。

ぜひこのパターンを試してみてください。

③スリムサイズ×オーバーサイズ

メンズの着こなしで、サイズ感のパターンの3つ目はトップスがスリムサイズ、パンツがオーバーサイズの組み合わせです。

このパターンは、例えば、トップスにサイズが小さめのパーカーを着て、パンツに大きめのカーゴジョガーパンツなどを合わせる方法です。

【メンズ着こなし】ストリートファッションのサイズ感やカラーとは画像6

この組み合わせは、上半身がすっきりとして見え、下半身がカジュアルに見えます。

オーバーサイズ×オーバーサイズの組み合わせから気分を変えたい時や、後述するスリムサイズ×スリムサイズでは物足りない時に利用できるパターンです。

④スリムサイズ×スリムサイズ

メンズの着こなしで、サイズ感のパターンの最後はトップスがスリムサイズ、パンツもスリムサイズの組み合わせです。

このパターンは、ファッション全体をスラッとスマートに見せたいときに有効です。また、雰囲気を大人っぽくしたい場合にも利用できます。

【メンズ着こなし】ストリートファッションのサイズ感やカラーとは画像7


例えば、トップスとパンツに柄物を使いたいけれどスッキリした着こなしにしたいときに、上下をスリムサイズにするとまとまります。

メンズ着こなし② カラーのバランスを考える

メンズ服の着こなしで、サイズ感をご案内してきましたが、ここからはカラーのバランスについても少しだけ考えておきましょう。

服のカラー()も、サイズ感と同様にトップスとパンツの組み合わせに下記のような4つのパターンが考えられます。

目立つカラー×目立つカラー
目立つカラー×シンプルなカラー
シンプルなカラー×目立つカラー
シンプルなカラー×シンプルなカラー

【メンズ着こなし】ストリートファッションのサイズ感やカラーとは画像8

トップスに目立つカラーを使って、パンツにも目立つカラーを利用する着こなしは、他の方と同じファッションになりにくく個性を表現しやすくなります。

トップスに目立つカラーを利用して、パンツに単色のカーキ色や黒色を使うと、細身のパンツと同様にファッション全体を引き締める効果が期待できます。

また、上下ともにシンプルなカラーを使うと、モードストリート系の着こなしに近づきます。

サイズ感とともに、カラーの組み合わせも色々と試してみましょう。

まとめ


いかがでしたか?

メンズ服の着こなしで重要なサイズ感とカラーのバランスについてご案内してきました。

ストリートファッションには、「これが絶対です。」というようなルールはありませんので、色々な組み合わせを楽しんでみてください!